鹿柴 王維(ろくさい おうい)

空山不見人
但聞人語響
返景入深林
復照青苔上

空山人を見ず、
但人語の響くを聞くのみ。
返景深林に入り、
復た照らす青苔の上。

現代語訳

ひっそりした山には人っ子ひとりいない。
ただ人の声だけは聞こえてくる。

夕陽の光が深い林の中に差し込んできて、
また青い苔の上を照らしている。

スポンサーリンク

解説

鹿柴】は鹿を囲うための柴の柵。「竹里館」「元二の安西に使するを送る」「九月九日山東の兄弟を憶う」と並んで王維の代表作といっていいでしょう。

王維(?~761)盛唐の詩人。字は摩詰。「画中に詩あり詩中に画あり」と北宋の蘇軾に評されました。南画の祖でもあり、そのせいかイメージが浮かびやすい詩が多いと思います。

熱心な仏教徒としてもしられ「詩仏」と呼ばれます。李白の「詩仙」、杜甫の「詩聖」に対応した言い方です。三人の人物像の違いをよくあらわしていると思います。

鹿柴」は山中の静けさを描いて古来親しまれてきた詩です。

竹里館」と同じく、王維が長安の東南、秦嶺山脈のふところの藍田(らんでん)県に所有していた広大な別荘、「モウセン荘」を詠んだ連作のうちの一つです。

【空山】 ひっそりした山。 【人語】人の声。
【返景】 夕陽の光。 【青苔】 青い苔。

全く音が無いのではなく、かすかな音があるからこそ余計静けさが強調される。この趣向は松尾芭蕉の「閑さや岩にしみ入る蝉の声」にも通じます。(『奥の細道』「立石寺」←こちらで朗読しています)。

北原白秋には「王維の雪景」と題する詩があります。

朗読:左大臣