自ら遣る 李白

對酒不覺暝
落花盈我衣
醉起歩溪月
鳥還人亦稀

酒に対して暝るるを覚えず
落花は我が衣に盈つ
酔より起きて 渓月に歩めば
鳥還って 人も亦た稀なり

現代語訳

ひたすら酒を飲んでいたので、
日が暮れたのにも気づかなかった。

私の衣には花びらがいっぱい降り積もっている。

酔いから醒めて、月明かりの渓流ぞいを歩いて行く。
鳥はもう巣に帰り、人の姿も見えなくなっていた。

スポンサーリンク

解説

渓流沿いで独り飲む酒。いい雰囲気です。

月下独酌」と同じく、屋 「酒」「月」という道具立て。

「自ら遣る」は憂さ晴らしをすることです。
役人生活の中でイヤなことでもあったんでしょうか。

でも湿っぽい感じではなく、自然の中で飲んでいる、
のびのびした感じです。

朗読:左大臣

≫【漢詩】の朗読音声を無料ダウンロードする
杜甫「春望」や李白「早発白帝城」など、有名漢詩33篇の朗読音声・解説テキストを無料でダウンロードできます。
≫音声つき【古典・歴史】無料メールマガジンのご案内
日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。

スポンサーリンク