九月九日山東の兄弟を憶う 王維

九月九日憶山東兄弟
独在異郷為異客
毎逢佳節倍思親
遥知兄弟登高処
遍挿茱萸少一人

九月九日山東の兄弟を憶う
独り異郷に在って異客と為り
佳節に逢う毎に倍ます親を思う
遥かに知る兄弟高きに登る処
遍く茱萸を挿して一人を少くを

現代語訳

私は見知らぬ異郷の地で独りぽっちだ。
祝い事の日にはなおさら親兄弟のことが恋しくなる。

(今日は重陽の節句なので)きっと兄弟たちは高台に登って 頭にハジカミの葉を挿しているだろうなあ。

その中に私だけがいないのだ…。

スポンサーリンク

解説

王維が17歳の時、科挙の試験を受けるために親元を離れ、長安に滞在している時の詩です。今でいえば予備校の寮に入ってる感じでしょうか。

竹里館」「元二の安西に使するを送る」「鹿柴」と並んで、王維の代表作と言えるでしょう。

普段はそんなでもないけど、祝い事の日に、まわりは家族いっしょに楽しんでいる、そこで我が身の孤独がしみじみ感じられると。

ただ、孤独感といっても17歳ですからね…歳とって身寄りが無い。ああ…わしの人生何だったんじゃという…杜甫の「登高」みたいな嘆きとは違うんですね。

「孤独」の中に「若々しさ」も出るよう朗読したい詩です。

【異客】 旅人。 【佳節】 祝い事の日。
【遥知】(これ以下の内容を)遠くから察する。 【遍】 あまねく。みんな。

【茱萸】 ハジカミ、山椒の葉。昔の中国では旧暦九月九日の重陽の節句には頭にハジカミの葉をさして高台に登り、薬酒を飲んで邪気をはらう【登高】という習慣がありました。杜甫「登高」参照。

↓王維の代表作↓
竹里館」「元二の安西に使いするを送る」「鹿柴

朗読:左大臣