九月十三夜 陣中の作 上杉謙信

朗読をきくには?

  • 漢詩の朗読50本以上を無料でお聴きになれます。学校教科書付属CD・スマートフォン用アプリ等で採用されているプロの朗読です。テキスト(文章)を見ながら朗読を聴けば、よりいっそう内容の理解が深まります。詩吟をされる方には特におすすめです。メールアドレスを入力して、「朗読をきく」を押してください。すぐに専用ページにアクセスできるurlをメールでお届けします。
    ▼サンプル動画▼





  • 携帯電話のアドレスには届きません。携帯電話のアドレスを入力しないでください。

  • メールマガジンの読者サービスとして無料公開するものです。後日メールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」をお送りさせていただきます。すべて無料でいつでも配信停止できます。

  • 当無料ファイル送付とメルマガ配信以外にメールアドレスを使うことはありません。第三者に開示することはありません。


霜満軍営秋気清
数行過雁月三更
越山併得能州景
遮莫家郷憶遠征

霜は軍営に満ちて 秋気清し
数行の過雁 月三更
越山 併せ得たり能州の景
遮莫(さもあらばあれ) 家郷 遠征を憶う

現代語訳

霜は軍営に満ちて、秋気が清清しい

雁がいくつかの列を成して飛んでいき、
月は真夜中の空に冴えわたる。

越中・越後に加えて、今は能登の景色まで目の前にしている。
家族が私のことを心配しているだろうが…ええい、そんなことはどうでもよいのだ。

解説

上杉謙信(1530-1578)が能登国の七尾城を攻め落とし(1577)、将兵を慰労する席で作った詩と言われます。

【さもあらばあれ】という変わった読みが印象に残る詩です。

頼山陽が『日本外史』の中で採り上げましたが、『北越軍記』などとは記述が違うので頼山陽の改変があろうということです。

【数行過雁】雁が列を成して飛んでいるさま。【数行】は「すうこう」と読みましたが、「すこう」でもいいんじゃないかと思います。

『平家物語』「千手の前」の章に


「灯火暗うしては数行虞氏が涙」


…と和漢朗詠集の歌が引用されており、岩波文庫では「すこう」とルビが振ってあります。

【三更】は五更の第三。深夜11時か0時からの2時間。子の刻。
昔は一晩を初更~五更と、五分割して考えたのです。

【越山】 今の新潟県、越中・越後の山々。 【併得】 あわせて手に入れた。

【能州】 能登。
【遮莫】 そうであっても、どうしようもない。
【家郷】 故郷にいる家族。

偶作」ライバル武田信玄の作です。

蘇軾「中秋の月」こちらは八月十五日の月を詠んでいます。

朗読:左大臣

このページの先頭へ