九月十三夜 陣中の作 上杉謙信

霜満軍営秋気清
数行過雁月三更
越山併得能州景
遮莫家郷憶遠征

霜は軍営に満ちて 秋気清し
数行の過雁 月三更
越山 併せ得たり能州の景
遮莫(さもあらばあれ) 家郷 遠征を憶う

現代語訳

霜は軍営に満ちて、秋気が清清しい

雁がいくつかの列を成して飛んでいき、
月は真夜中の空に冴えわたる。

越中・越後に加えて、今は能登の景色まで目の前にしている。
家族が私のことを心配しているだろうが…ええい、そんなことはどうでもよいのだ。

解説

上杉謙信(1530-1578)が能登国の七尾城を攻め落とし(1577)、将兵を慰労する席で作った詩と言われます。

【さもあらばあれ】という変わった読みが印象に残る詩です。

頼山陽が『日本外史』の中で採り上げましたが、『北越軍記』などとは記述が違うので頼山陽の改変があろうということです。

【数行過雁】雁が列を成して飛んでいるさま。【数行】は「すうこう」と読みましたが、「すこう」でもいいんじゃないかと思います。

『平家物語』「千手の前」の章に


「灯火暗うしては数行虞氏が涙」


…と和漢朗詠集の歌が引用されており、岩波文庫では「すこう」とルビが振ってあります。

【三更】は五更の第三。深夜11時か0時からの2時間。子の刻。
昔は一晩を初更~五更と、五分割して考えたのです。

【越山】 今の新潟県、越中・越後の山々。 【併得】 あわせて手に入れた。

【能州】 能登。
【遮莫】 そうであっても、どうしようもない。
【家郷】 故郷にいる家族。

偶作」ライバル武田信玄の作です。

蘇軾「中秋の月」こちらは八月十五日の月を詠んでいます。

朗読:左大臣


スポンサーリンク

音声つきメールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」のご案内

現在18000人以上が購読中。

メールアドレスを入力すると、日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。毎回10分程度の短い解説で、時間を取りません。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。スマートフォン・Androidでもお聴きになれます。不要な場合はいつでも購読解除できます。

いつも使っているメールアドレスを入力して、 「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。次回からお使いのメールアドレスにメルマガが届きます。

≫詳しくはこちら


スポンサーリンク



QLOOKアクセス解析