金州城下作 乃木希典(きんしゅうじょうかのさく のぎまれすけ)

金州城下作
山川草木轉荒涼
十里風腥新戰場
征馬不前人不語
金州城外立斜陽

金州城下の作
山川草木 転(うたた)荒涼
十里風腥(なまぐさ)し 新戦場
征馬前(すす)まず 人語らず
金州城外 斜陽に立つ

現代語訳

山も川も草も木も、ひたすら荒れ果てて見る影も無い。
先日戦が行われたこの場所では、十里に渡って風が血なまぐさく感じられる。

軍馬は進まず、将兵たちは押し黙っている。
夕陽が傾く金州城外に、私はただ立ちつくす。

スポンサーリンク

解説

乃木希典は明治37年6月7日、第三軍司令官として金州城、南山の激戦地を視察します。【金州】は旅順の北方の町です。

同年5月25日から翌日にかけて、南山では奥保鞏(おくやすかた)の第二軍がロシア軍を旅順方面に壊走させていました。この戦いで希典の長男、陸軍歩兵中尉乃木勝典は戦死しています。

「金州城下作」はその視察の際に希典が幕僚たちに示した詩です。呆然と立ち尽くしている感じが伝わってきます。

【轉】 うたた。転。ひたすら。いよいよ。
【征馬】 軍馬。 【斜陽】夕陽。

乃木希典(1849-1912)は明治時代の軍人。長州藩出身。西南戦争(明治10)では西郷軍と戦い連隊旗を奪われる。日露戦争では第三軍司令官として旅順を攻略。明治天皇の大葬の日に婦人とともに殉死。

司馬遼太郎は『坂の上の雲』で乃木希典を無能の極みのように描いています。

短編『殉死』では明治天皇崩御に際して殉死する乃木希典を、突き放したような、冷淡な筆致で描いています(司馬遼太郎作品の中でこれほど陰鬱で、楽しくない作品は他にないです)。

こうした司馬遼太郎の描きっぷりが「乃木希典=無能」というイメージの元になっている部分は大きいようです。

最近では「乃木希典=無能」説への疑問も出てきているようですが。

しかし「突撃ー」と言われて犬死させられた兵士からすればどんなに無能だバカだと罵っても罵っても足りない相手でしょう。

朗読:左大臣