琴を弾ずるを聴く 劉長卿

聽彈琴
レイレイ七弦上
靜聽松風寒
古調雖自愛
今人多不彈

琴を弾ずるを聴く
レイレイたり 七絃の上
静かに 松風の寒きを 聴く
古調 自ら愛すべしと雖も
今人 多くは弾ぜず

現代語訳

七弦の琴の奏でる清らかな音色に耳を傾ける。
静かに聴いていると、寒々とした松風の響きのように快い。

こういう伝統的な調べは実に愛すべきものだが、
今の人はあまり弾かないのだ。

スポンサーリンク

解説

琴の音色が響いてきそうな詩です!

同じく琴の音が印象的な作品として…
王維「竹里館」は、竹林の中で
琴を奏でて風流のきわみです。

『平家物語』「小督」の章では、琴の音が物語の鍵になっています。
「峰の嵐か松風か…」ではじまる名文が、よく知られています。

朗読:左大臣