剣門道中微雨に遇う 陸游(けんもんどうちゅうびうにあう りくゆう)

剣門道中遇微雨
衣上征塵雑酒痕
遠游無処不消魂
此身合是詩人未
細雨騎驢入剣門

剣門道中微雨に遇う
衣上の征塵 酒痕を雑(まじ)う
遠游 処として魂を消さざるは無し
此の身は合に是れ詩人なるべきや未だしや
細雨 驢に騎って剣門に入る

現代語訳

旅衣には塵で汚れ酒の跡も染み込んでいる。
長い旅の間、どこへ行っても心を乱された。

自分は果たして詩人としてふさわしいのか。
そうでないのか。

しとしと雨が降りしきる中、驢馬に乗って剣門を超えるのだ。

スポンサーリンク

解説

陸游48歳の作。成都安撫司参議官として蜀に赴任する途中、剣門関にさしかかって、小雨降りしきる中での感慨です。

【剣門関】は険しい桟道が続く、蜀と外界を隔てる経路。三国時代の蜀の司令官、姜維(きょうい)が魏軍の攻撃を防いだ場所です。

【征塵】 旅で衣類についた汚れ。【酒痕】 酒をこぼした跡。
【遠游】 長旅。 【合是】 まさにこれ。当然~すべきである。

【詩人未】 詩人としてふさわしいのか、そうでないのか。
【未】いまだしや。疑問。

【細雨】しとしと降る雨。 【騎驢】 驢馬に乗って。

朗読:左大臣