重ねて裴郞中の吉州に貶せらるるを送る 劉長卿

重送裴郞中貶吉州
猿啼客散暮江頭
人自傷心水自流
同作逐臣君更遠
靑山萬里一孤舟

重ねて裴郎中の吉州に貶せらるるを送る
猿は啼き 客は散ず 暮江の頭
人は自ら傷心 水は自ら流る
同じく逐臣と作りて君は更に遠く
靑山 萬里 一孤舟

スポンサーリンク

現代語訳

猿の鳴きしきる夕暮れの時の船着場で、君と別れる。

人は自然と心を痛めるが、そんな人の情などお構いなしに
川の水はどこまでも流れていく。

君も私も同じく左遷された身だが、
君は私よりもさらに遠くに赴任するのだね。

青々としたあの山の彼方、万里の果てまで、
小さな舟に乗って、行ってしまうのだね。

解説

二人して左遷されたのです。
私はここで舟を降り、友人はさらに遠くに赴任していく…。

「裴郎中」という人物の詳細はわかっていません。「郎中」は官職名。
「吉州」は江西省吉安市。

猿の鳴き声が印象的な詩です。

同じく猿の鳴き声が効果的に使われている詩に、
李白「早発白帝城」杜甫「登高」があります。

朗読:左大臣