登鸛鵲楼 王之渙(かんじゃくろうにのぼる)王之渙(おうしかん)

登鸛鵲楼
白日依山盡
黄河入海流
欲窮千里目
更上一層樓

鸛鵲楼に登る
白日は山に依って尽き、
黄河は海に入って流る。
千里の目を窮めんと欲して、
更に上る一層の楼。

現代語訳

真昼の太陽は山に寄り添うように沈んでいき、
黄河は海に入って流れていく。

千里の先を見通そうというつもりで、
更に上の階に登るのだ。

スポンサーリンク

解説

鸛鵲楼(かんじゃくろう)は今の山西省西南隅にある三層の高楼。黄河を見下ろします。

王之渙(688-742)。盛唐の詩人。晋陽(山西省太原)の人。字は李陵。王昌齢高適らと交流がありました。現存する詩は六首。「登鸛鵲楼」「涼州詞」が有名です。

【白日】 真昼の太陽。「黄河」との対照で「白」を強調。
【依山盡】 山に寄り添うように沈んで行く。

夕方の雑司が谷霊園で録音してみました。遠方にサンシャイン60を見ながら、実にいい気分でした。だから車の音や救急車の音が入ってます。広い霊園はいいですよ。のびのびと声が出せます。

朗読:左大臣