客中行 李白(かくちゅうこう りはく)

客中行 李白
蘭陵美酒鬱金香
玉椀盛來琥珀光
但使主人能酔客
不知何處是他郷

客中行 李白
蘭陵の美酒 鬱金香
玉椀 盛り来たる 琥珀の光
但 主人の能く人をして酔わしめば
知らず何れの處か是れ他郷

蘭陵

現代語訳

蘭陵の美酒は鬱金香の香りを漂わせ、
玉の碗に注がれて琥珀の光を放っている。

ただ主人が私をたっぷり酔わせてくれれば
それでよいのだ。

そこが異郷の地か、住み慣れた場所か、
そんなことはどうでもよいのだ。

スポンサーリンク

語句

■客中行 「旅先でつくった歌」。「行」=「歌」。 ■蘭陵 中国山東省の地名。酒の産地として知られた。 ■鬱金香 西域で採れる香りのある草。またその草から取った香料。ここでは鬱金香のようなよい香りをする酒という説と、香料を加えて香りをよくした酒という説がある。 ■他郷 異国。

解説

任官活動を続ける李白が、立ち寄った山東省の村で詠んだ詩です。おそらく居酒屋の壁に書き付けたものでしょう。客中行は「旅先でつくった歌」の意味で、「行」が「歌」です。蘭陵は中国山東省の地名で。酒の産地として知られていました。鬱金香は西域で採れる香りのある草。またその草から取った香料です。

関連

月下独酌
将進酒
山中にて幽人と対酌す
李白の酒呑みっぷりが前面に出ていて素敵です。

酒さえありゃあ、世界中どこ行っても我が家なんだよと。いいですね。素晴らしい。私も酒呑みとしてこの思想には、たいへん、共感します。

朗読:左大臣

≫【漢詩】の朗読音声を無料ダウンロードする
杜甫「春望」や李白「早発白帝城」など、有名漢詩33篇の朗読音声・解説テキストを無料でダウンロードできます。
≫音声つき【古典・歴史】無料メールマガジンのご案内
日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。

スポンサーリンク