海南行 細川頼之(かいなんこう ほそかわよりゆき)

人生五十愧無功
花木春過夏已中
満室蒼蝿掃難去
起尋禅榻臥清風

人生五十 功無きを愧ず
花木 春過ぎて 夏已に中ばなり
満室の蒼蝿 掃えども去り難し
起って禅榻を尋ねて 清風に臥せん

現代語訳

五十年も生きてきて、なんの手柄も立てられなかったことが恥ずかしい。
木々に花開く春はもう過ぎ、すでに夏も半ばである。

部屋中に青ハエが飛び交っており、払っても払ってもしつこく飛び回る。
いっそ座禅に使う腰掛を持ってきて、この清らかな風に吹かれながら寝転がろうか。

スポンサーリンク

解説

細川頼之(1329-1392)。南北朝~室町初期を生きた武将です。幼少の足利義満を補佐しますが讒言にあい、要職から外されます。

志が遂げられないと悟った頼之は頭をまるめ、名を常久と改めます。そして故郷の讃岐へ下るのです。「海南行」はその時の想いを詠んだものといわれます。

自分を陥れた連中 = うるさい青バエ
出家隠遁 = 腰掛に横たわって清らかな風に吹かれること
↑このように、たとえているわけです。

頼之さんはこんな世捨て人みたいなこと言いながら、十一年後ちゃっかり政界に復帰しています。人生どうなるかわからんですね。

【海南行】 【海南】は讃岐国。【行】は「紀行」「旅行」の「行」。
【花木春過】 木々に花開く春はもう過ぎ。

【蒼蝿】 青バエ。転じて、世間のうるさい連中。

【起尋】 ~を探して、行動を起こす。
【禅榻】 座禅を組む腰掛け。寝椅子。転じて禅寺。 【臥】 寝転がる。転じて出家隠遁。

払っても払ってもハエがまとわりつく「あーもうッ!(`皿´)ウゼー」て感じが、我ながらよく出たと思いますが、どうでしょうか?

しかし左遷中というのは詩ができやすいんでしょうか。まあ考える時間は思いっきりありそうですからね。

菅原道真「九月十日」王昌齡「芙蓉楼にて辛斬を送る」柳宋元「江雪」も左遷中の作です。こんな名作が生まれるなら、左遷も悪いものではないという気が。

朗読:左大臣

≫【漢詩】の朗読音声を無料ダウンロードする
杜甫「春望」や李白「早発白帝城」など、有名漢詩33篇の朗読音声・解説テキストを無料でダウンロードできます。
≫音声つき【古典・歴史】無料メールマガジンのご案内
日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。

スポンサーリンク