華北に渡る 王褒(かほくにわたる おうほう)

秋風吹木葉
還似洞庭波
常山臨代郡
亭障繞黄河
心悲異方楽
腸断隴頭歌
薄暮臨征馬
失道北山阿

秋風 木葉を吹けば
還た洞庭の波に似たり
常山 代郡に臨み
亭障 黄河を繞る
心は異方の楽を悲しみ
腸は隴頭の歌に断たる
薄暮 臨征に馬
道を北山の阿に失う

スポンサーリンク

現代語訳

秋風が木の葉を吹く感じは、
まるで洞庭湖の波が揺れているようだ。

常山は代郡に面しており、
防壁が黄河をめぐってはりめぐらされている。

異国の音楽を聞くたびに悲しい気持ちになる。
「隴頭の歌」を聞くとハラワタが断たれる思いだ。

夕暮れ時に馬を進めていると、
北山のふところで道に迷ってしまった。


王褒(513?-576)。字は子淵。南北朝時代の文学者。南朝の出身だが北朝に捕らえられ、死ぬまで故郷に帰ることができませんでした。同じく南朝出身で北朝に捕らえられたユ信と、並び賞されます。

洞庭湖は湖南省北東部にある湖。多くの詩に詠まれています。松尾芭蕉は「奥の細道」の中で、松島の景色を洞庭湖と比べています。

奥の細道「松島」
↑こちらで朗読しています。

朗読:左大臣