鏡に照らして白髪を見る 張九齢(かがみにてらしてはくはつをみる ちょうきゅうれい)

照鏡見白髪
宿昔青雲志
蹉タ白髪年
誰知明鏡裏
形影自相憐

鏡に照らして白髪を見る
宿昔 青雲の志
蹉タたり 白髪の年
誰か知らん 明鏡の裏(うち)
形影 自ずから相憐れまんとは

現代語訳

若い頃は青雲の志を抱いていたが、
何度も挫折を繰り返しているうちに、
頭に白いものが目立つ歳になってしまった。

いったい誰が考えただろう。
鏡にうつった姿を見ながら自然に憐れみの情がわいてくる、
こんなことになろうとは。

スポンサーリンク

解説

張九齢(678-740)。字は子寿。韶州曲江(広東省)の人。二十代で科挙に合格。玄宗皇帝の下、中書令にまでなりますが、李林甫や楊国忠らと衝突しに荊州(湖北省)左遷されます。

官を退いた後は文学・歴史に親しんで過ごしました。

孟浩然と交流がありました。「洞庭湖を望んで張丞相に贈る」で、暗に任官の口利きを頼まれている「張丞相」なる人物が、この張九齢と思われます。

「年老いた自分の姿を憐れむ」という主題は、李白「秋浦の歌」と共通しています。こちらにも「明鏡裏」という表現が出てきます。

李白も張九齢も、玄宗皇帝の宮廷に一時仕えた後、左遷されたという点でも共通してますね。

【宿昔】 昔。 【青雲志】 立身出世の志。
【蹉タ】 タは足偏にウ冠にヒ。挫折を重ねているうちに。

【誰知】 誰がわかろう。誰もわからない。 【明鏡】 澄んだ鏡。
【形影】 【形】は自分の姿。【影】は鏡に映った像。

朗読:左大臣