辞世 吉田松陰

吾今爲國死
死不背君親
悠悠天地事
鑑照在明神

吾今 国の為に死す
死して君親に背かず
悠悠たり 天地の事
鑑照 明神に在り

現代語訳

私は今、国のために命を捧げる。

これはけして、君や親に対する忠孝の道に
背くことではない。

はるかなこの国の行く末を、憂うばかりだ。
霊験あらたかな神々よ、どうか御照覧ください。

スポンサーリンク

解説

安政5年(1858年)大老井伊直弼と老中間部詮勝(まなべあきかつ)は、
周囲の反対を押し切って日米修好通商条に調印。

また13歳の徳川家茂を将軍家の跡継ぎに決定してしまいます。

こうした幕府の強引な政策に反発が起こります。
しかし幕府は政策に反対する者を次々に処罰。

安政の大獄」とよばれる大弾圧がはじまりました。

この動きを見た松陰は同士十七名と血盟し、
老中間部詮勝の暗殺を企画します。

そして目的達成のため、長州藩要人に後援を求めます。
(ここが松陰さんのわからないところですが)

しかし話は聞き入れられず(当たり前です)、
藩は松陰を危険人物として投獄。

松下村塾は閉鎖され、
安政6年(1859年)松陰は30歳という若さで処刑されました。

「身はたとひ武蔵野の野に朽ちぬとも留め置かまし大和魂」
こちらも吉田松陰の辞世として有名ですね。

「親思ふ こころにまさる親ごころ 今日の音づれ何と聞くらん」
こちらは家族向けに書かれたものです。

吉田松陰(1830-59)。幕末の長州藩の志士。教育者。
幼名寅之助。号は二十一回猛士。

文政13年(1830年)、長州藩士・杉百合之助の次男として生まれる。
6歳の時山鹿流兵学師範であった吉田家の養子となる。

天保十年(1838年)9歳。藩校明倫館ではじめて
山鹿流兵学の講義をする。
以来、たびたび教えるようになる。

嘉永元年(1848年)、19歳で明倫館師範。
翌年幕府の許可を得て九州を遊学。熊本で盟友宮部鼎蔵を知る。

嘉永4年(1851年)22歳。藩主に従って江戸に出て佐久間象山に師事。
兵学を学ぶ。

嘉永5年(1852年)、23歳。宮部鼎蔵らと東北旅行を計画。
出発日の約束を守るために藩府の許可を得ずに脱藩。
このため江戸に帰着後、士籍と禄高を没収される。

嘉永6年(1853年)、浦賀に来航したペリーの黒船に乗り込み、
西洋文化に打たれる。

金子重輔と海外渡航を企てるが失敗。幕府に自首する。
このため小伝馬町の牢屋敷に入れられる。
後に萩の野山獄へ送られる。
(この密航事件に連座して佐久間象山も投獄された)

安政2年(1855年)、出獄を許され生家での禁錮を命じられる。

安政4年(1857年)、叔父が主催していた松下村塾を引き継ぎ、
松下村塾主催者となる。

朗読:左大臣