人日思帰 薛道衡

人日思歸
入春纔七日
離家已二年
人歸落雁後
思發在花前

人日 帰るを思う
春に入って纔かに七日
家を離れて已に二年
人の帰るは雁の後に落ち
思いの発するは花の前に在り

現代語訳

年が明けてからわずかに七日。
家を離れてすでに二年になる。

私が帰れるのは雁の飛び立った後になりそうだ。
帰りたい思いは、花の咲く前から抱いているのだが。

スポンサーリンク

解説

人日】は陰暦正月七日。五節句の一つ。
七草を入れた羹(あつもの)を食べる習慣がありました。

五節句は季節の変わり目の日。

【人日】じんじつ。1月7日。七草の節句。
【上巳】じょうみ。3月3日。桃の節句。
【端午】たんご。5月5日。菖蒲の節句。
【七夕】たなばた。7月7日。
【重陽】ちょうよう。9月9日。菊の節句 。
王維「九月九日憶山東兄弟」

朗読:左大臣

≫【漢詩】の朗読音声を無料ダウンロードする
杜甫「春望」や李白「早発白帝城」など、有名漢詩33篇の朗読音声・解説テキストを無料でダウンロードできます。
≫音声つき【古典・歴史】無料メールマガジンのご案内
日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。

スポンサーリンク