石田三成 川田瑞穂(いしだみつなり かわだみずほ)

君臣同禄有誰同
休道権謀在此中
千古美談千古誼
遂教猛士殉英雄

君臣 禄を同じうす 誰あってか同じき
道(い)うを休(や)めよ 権謀 この内にありと
千古の美談 千古の誼
遂に猛士をして英雄に殉ぜしむ

現代語訳

石田三成は島左近を自分と同禄の二万石で召抱えた。
主人と家来が同禄などとは、古来聞いたことがない。

こんなことは小手先の計算でできるようなことではない。
千年たってもすたれない美談であり、二人の絆は並々ならぬものとなった。

三成のこうした熱意が左近を動かし、ついに関が原で殉じるに至ったのだ。

スポンサーリンク

解説

石田三成、島左近のアツい関係を歌った詩です。

島左近。「三成に過ぎたるものが二つあり島の左近と佐和山の城」と謳われました。

最初は筒井家に仕え、松倉重信(右近)と並んで筒井家の両翼「右近左近」と言われました。

その後、豊臣秀長・豊臣秀保に仕えるも大和豊臣家断絶により近江市内で浪人となります。

そこへ赴任してきたのが石田三成です。三成は左近に任官の誘いをかけます。左近は何度も断るが、三成は禄高4万石のうち半分を左近に与えると破格の条件を出します。

さすがに左近も感ずるところがあったんでしょう。以後、三成と生命を共にします。

関が原ではを田中吉政・黒田長政らを相手に最後まで八面六臂の戦いっぷりを示し、最後は銃撃により討ち死にしました。

三成・左近主従が登場する作品は、なんといっても司馬遼太郎作「関が原」が欠かせないです。この作品に出てくる三成はもうメチャクチャカッコいいんですよ。

こういう独白とか↓

「なるほど、左近は大人である。家康はそれよりもさらに、地についた大人である。出来ることを無理なく、地道にやっていく。
(しかし小僧には小僧の持ち味がある。)
と三成はおもった。」

こういう台詞とか↓

「人にはうまれつきというものがあるらしい。大人くさいやつは、母の胎内から出てきたときから、分別くさい顔をしている(中略)おかしなものだ。小僧じみた人間というのは、四十の声をきくのも近いというのに、いよいよ小僧くさくなる。どうにもならぬ」

最初読んだときは、カッコよすぎて鳥肌立つかと思いました。

というわけで、石田三成、島左近のアツイ関係にワクワクしたい方は司馬遼太郎作『関が原』を読んでください。

朗読:左大臣

≫【漢詩】の朗読音声を無料ダウンロードする
杜甫「春望」や李白「早発白帝城」など、有名漢詩33篇の朗読音声・解説テキストを無料でダウンロードできます。
≫音声つき【古典・歴史】無料メールマガジンのご案内
日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。

スポンサーリンク