隠者を尋ねて遇わず 賈島

尋隠者不遇
松下問童子
言師採薬去
只在此山中
雲深不知處

隠者を尋ねて遇わず
松下 童子に問うに
言う「師は薬を採りに去けり」と。
只だ此の山中に在らん
雲深くして処を知らず

現代語訳

松の木下で童子に尋ねると、
童子は言った。

「先生は薬を採りに行かれました」

この山中にいらっしゃるのだろう。
雲が深くて行方はとてもわからないが。

スポンサーリンク

解説

いつ帰ってくるかわからない。明日か、半年後か…
「隠者」の隠者っぷりが、よく出ている詩です。
諸葛孔明を訪ねていった劉備のエピソードが思い浮かびます。

賈島(779-843)。晩唐の詩人。范陽(北京市)の人。
進士に合格せず、出家して「無本」と号するも、韓愈の薦めで還俗。
後にしっかり進士に合格しています。

苦吟をもって知られます。

ある時賈島はロバに乗って詩の文句を考えていました。
そして「僧は推す月下の門」という句を得ます。

…口ずさんでみると、なかなかいい句です。
しかし「僧は敲く」とするのも捨てがたい。

「僧は推す」「僧は敲く」どっちがいいだろう。
決めかねたままウンウンうなる賈島。
ロバはどんどん進んでいきます。

ところがその先の道を長安都知事、韓愈の行列が横切っていました。

ロバは行列の中に突っ込んでしまい、
たいへんな騒ぎになりました。

引っ立てらる賈島。韓愈がわけをたずねます。
すると詩の文句で迷っていたという話。

「それは『敲く』がよかろう。深夜に扉を敲く音が
響くのは、まことに風流じゃ」

韓愈の言葉で、賈島は『敲く』に決めたということです。

ここから、文章をあれこれ練り直すことを
「推敲」と言うようになりました。

zoomの【Q3】というハンディーレコーダーで野外録音しました。
本来、動画を撮るためのものですが、マイク単体でもかなり
いけます。

ゴーーッと雲の音がしてて、隠者っぽい雰囲気が出てるかも?

朗読:左大臣