半夜 良寛(はんや りょうかん)

選りすぐりの50篇を、まとめて無料でダウンロードできます。ipodなどの携帯音楽プレイヤーに入れて、通勤中・作業の合間などにいかがでしょうか?現代語訳つきで意味がつかみやすくなっております。

回首五十有餘年
人間是非一夢中
山房五月黄梅雨
半夜蕭蕭灑虚窗

首を回らせば五十有余年
人間の是非は一夢の中
山房 五月 黄梅の雨
半夜蕭蕭として虚窓に灑そそぐ

現代語訳

生まれてこのかた五十年あまり。

振り返って考えてみると、
この世界は善も悪も夢のようなものだ。

山中の庵(五合庵)に五月雨がふりかかる。

夜中に、さびしげにふる雨を、
私はこのみすぼらしい窓から眺めている。

スポンサーリンク

解説

梅雨の詩。良寛さんが越後国蒲原郡に庵を結んでいた50歳ころの作です。 しっとり落ち着いた、いい雰囲気です。

【人間】(じんかん)人生、世の中。「人間 到る処青山あり」参照。

【山房】 山中の庵。五合庵。
【黄梅の雨】 梅の実が黄色く熟する頃に降る雨。五月雨。

【蕭蕭】 さびしげなさま。
【虚窓】 みすぼらしい窓。

良寛(1758-1831)。江戸時代後期の曹洞宗の僧。
越後国出雲崎の生まれ。18歳の時出家。

良寛さんというと、まず子供好きというイメージがありますね。

「良寛」と聞いた瞬間に、子供たちと鞠をついている図が浮かぶ、という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

良寛の子供好きについてはいくつか逸話があります。

ある時、良寛さんは子供たちと
かくれんぼをすることになりました。

最初は良寛さんが鬼で、子供たちを次々に見つけていった。
さあ、今度は良寛さんの番だよ。おっ、そうかということで…、

良寛さんは田んぼのワラの陰に隠れます。

しかしその隠れ方が、たいへんうまかったんですね。

子供たちは見つけられないです。
もう日が暮れて、カラスが鳴いてきた。

あれー良寛さんもう帰っちゃったかな。
きっとそうだよと。

子供たちは家に帰っていきました。

ところが良寛さんは一人、藁の陰で
隠れ続けました…

次の朝、近所の人が見つけて、

「あれっ、良寛さんなにやってんですか、こんなところで??」
「しーーっ、静かに!子供たちに見つかっちゃうじゃないか」

…そんな逸話が残っています。

また、良寛は書が得意でしたので、オエライさんに
字を書いてくれと、頼まれることも多かったのです。

でも、そういうのは断りました。

ところが、子供たちが凧を持ってきて、なんか書いてようと
せがむと、よしよしまかせとけと。

「天上大風」とビシーとした字で
書いてやったということです。

まあ、こういう人はストレスもたまらず、
笑顔が多かったろうと思います。

実際に梅雨の時期に録音しました。背景でジーッと虫が鳴いてます。
なかなか雰囲気が出てると思うんですがどうでしょうか。

選りすぐりの50篇を、まとめて無料でダウンロードできます。ipodなどの携帯音楽プレイヤーに入れて、通勤中・作業の合間などにいかがでしょうか?現代語訳つきで意味がつかみやすくなっております。
朗読:左大臣