江陵愁望有寄 魚玄機

江陵愁望有寄
楓葉千枝復万枝
江橋掩映暮帆遅
憶君心似西江水
日夜東流無歇時

江陵の愁望 寄する有り
楓葉千枝 復た万枝
江橋に掩映して暮帆遅し
君を憶えば心は西江の水に似たり
日夜 東に流れ歇(や)む時無し

現代語訳

幾千幾万にも重なった楓の枝葉が
橋の上を覆っています。

夕暮れ時、あなたはまだお帰りになりません。

あなたのことを思うと、心は西江の水のよう。
昼も夜も絶え間なく、東に向けて流れ続けるのです。

スポンサーリンク

解説

魚玄機(843-868)。晩唐の女流詩人。字は幼微。長安の人。
森鴎外の小説「魚玄機」に描かれています。

夫を待つ妻の気持ちを歌っています。

朗読:左大臣