偶作 武田信玄

鏖殺江南十萬兵
腰閒一劍血猶腥
豎僧不識山川主
向我慇懃問姓名

鏖殺す江南十萬の兵
腰閒の一劍 血猶ほ腥し
豎僧は識らず山川の主
我に向って慇懃に姓名を問う

現代語訳

南方では敵十万を皆殺しにした私である。
腰の刀はまだ血なまぐさい。

しかしこの小坊主は、私がこの山川の
領主だなどと夢にも思わない。

私に向かって、丁寧に姓名を尋ねてきた。

スポンサーリンク

解説

不敵というか、邪悪というか…
信玄の「陰」の部分が出ていると思います。

「偶作」たまたまできた作品。
「鏖殺(おうさつ)」皆殺し。

「江南」本来は長江下流域をさす。
しかし日本の甲斐が基準なので
今川の駿河が、北条の相模?

「豎僧」小坊主。クソ坊主。
「慇懃」丁寧に。

詩吟で知られる「題不識庵撃機山図」は、
上杉謙信と武田信玄の川中島での対決を描いています。

九月十三夜陣中の作」は、ライバル謙信公の作です。

朗読:左大臣