登岳陽楼 杜甫(がくようろうにのぼる とほ)

朗読をきくには?

  • 漢詩の朗読50本以上を無料でお聴きになれます。学校教科書付属CD・スマートフォン用アプリ等で採用されているプロの朗読です。テキスト(文章)を見ながら朗読を聴けば、よりいっそう内容の理解が深まります。詩吟をされる方には特におすすめです。メールアドレスを入力して、「朗読をきく」を押してください。すぐに専用ページにアクセスできるurlをメールでお届けします。
    ▼サンプル動画▼





  • 携帯電話のアドレスには届きません。携帯電話のアドレスを入力しないでください。

  • メールマガジンの読者サービスとして無料公開するものです。後日メールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」をお送りさせていただきます。すべて無料でいつでも配信停止できます。

  • 当無料ファイル送付とメルマガ配信以外にメールアドレスを使うことはありません。第三者に開示することはありません。


登岳陽楼 杜甫
昔聞洞庭水
今登岳陽楼
呉楚東南セキ
乾坤日夜浮
親朋無一字
老病有孤舟
戎馬關山北
憑軒涕泗流

岳陽楼(がくようろう)に登る 杜甫
昔聞く洞庭(どうてい)の水、
今登る岳陽楼。
呉楚(ごそ)東南にサけ、
乾坤(けんこん)日夜浮かぶ。
親朋(しんぽう)一字無く、
老病(ろうびょう)孤舟(こしゅう)あり。
戎馬(じゅうば)関山(かんざん)の北、
軒(けん)に憑(よ)れば涕泗(ていし)流る。

現代語訳

かねて噂に聞いていた洞庭湖を訪れ、そのほとりの岳陽楼に登る。

呉楚の東南の地方が二つに裂けたという洞庭湖には、宇宙のすべてが一日中浮かんでいるようだ。

手紙をくれるような親類も友達もなく、老いて病持ちの私には持ち物といっても小舟が一双あるだけだ。

関山の北ではまだ今も戦が続いているという。

楼のてすりに寄りかかっていると、涙が流れてくる。

語句

■呉楚 春秋時代の国の名前。「呉」は現在の江蘇・浙江省、「楚」は湖北・湖南省。その東南部分が裂けて洞庭湖ができたという。■洞庭水 湖南省北部の中国第二の湖(第一は青海湖)。 ■乾坤 天地。 ■親朋 親類や友達。 ■無一字 一字の便りも無い。 ■老病 老いて病気がちの我が身。 ■孤舟 ただ一双の舟。柳宗元「江雪」に「孤舟蓑笠翁」とある。 ■戎馬 軍馬。戦争のこと。 ■関山 関所や山。 ■軒 手すり。欄干。 ■涕泗 涙。

解説

大暦3年(768年)、杜甫57歳の作。杜甫が二年間滞在したキ州を出発し、長安を目指していた途中立ち寄った岳州での経験を詠んだ詩です。。

すでに安史の乱は終結(763)していましたが、
各地で小規模な反乱が続いていました。

この2年後、杜甫は旅の途上、
舟の上で亡くなりました。

洞庭湖は湖南省北東部の景勝で、いろいろな詩に詠まれています。岳陽楼は洞庭湖の東岸、岳陽城の正門に建つ三層の楼台です。

孟浩然の「洞庭湖を望んで張丞相に贈る」と杜甫のこの「登岳陽楼」が、岳陽楼をうたった詩の双璧とされます。

松尾芭蕉は『奥の細道』松島の章で、松島の景観を洞庭湖にたとえています。

また同じく芭蕉の『幻住庵の記』には、「魂、呉・楚東南に走り、身は瀟湘・洞庭に立つ。」とあり、杜甫の影響がうかがえます。

朗読:左大臣

このページの先頭へ