鳥鳴澗 王維(ちょうめいかん おうい)

人閑桂花落
夜靜春山空
月出驚山鳥
時鳴春澗中

人閑にして桂花落ち
夜静かにして春山空し
月出でて山鳥を驚かし
時に春澗の中に鳴く

現代語訳

こんな山奥に人の姿も無く、モクセイの花が散り落ちる。
夜は静かで春の山はひっそりしている。

月が出ると山鳥がそれに驚き、
時々春の谷川で啼く。

スポンサーリンク

解説

竹里館」とおなじく、ひっそり閑とした雰囲気を出してます。「皇甫嶽雲渓雑題」のうちの一つ。これも別荘のことを歌っているそうです。「澗」は谷川のこと。

朗読:左大臣