侍郎叔に陪して洞庭に遊ぶ酔後 三首 李白

陪侍郎叔遊洞庭酔後三首 李白

其一
今日竹林宴
我家賢侍郎
三杯容小阮
醉後發清狂

侍郎叔に陪して洞庭に遊ぶ酔後 其三 李白

其一
今日竹林の宴
我家の賢侍郎(けんじろう)
三杯にて小阮(しょうがん)を容し
醉うて後 發(つまび)きて清狂(せいきょう)す

現代語訳

刑部侍郎を務める叔父のお伴をして洞庭湖に遊んで、酔った後に 李白

その一
今日、竹林で宴を開いた
わが家の刑部侍郎さま(叔父の李嘩)は、
三杯飲んで琵琶を抱え、
酔ってのびのびと、かき鳴らした。

語句

■陪 目上の人のお伴をすること。 ■侍郎叔 刑部侍郎(法務省次官)の職にあった叔父の李嘩(りよう)。嶺南(広東・広西)に左遷される途中、洞庭湖で李白と会った。 ■侍郎 謁見の取次役。 ■小阮 竹林の七賢の一人・阮咸(げんかん)。4弦の撥弦楽器をよく弾いたと言われ、その楽器も「阮咸」と呼ばれる。 ■容 持つ。かかえる。 ■發 撥弦楽器を弾いた。 ■清狂 のびのびとふるまうこと。


其二
船上齊橈樂
湖心泛月歸
白鷗閑不去
爭拂酒筵飛

其二
船上に橈(かい)を斉(そろ)えて楽しむ
湖心に月を泛(うか)べて帰る
白鷗(はくおう)閑(かん)として去らず
争(いか)で払はん酒筵(しゅえん)に飛ぶを

現代語訳

船の上に櫂を揃えて酒宴を楽しむ。
湖の上に月が浮かぶのを眺めて帰ってきた。
白いカモメが寂しげに留まって飛び去らない。
酒の席に飛んでいるものを、どうして追っ払うことができよう。

語句

■橈 船の櫂。 ■筵 むしろ。座席。 ■白鷗 白い鴎。


其三
剗卻君山好
平鋪湘水流
巴陵無限酒
醉殺洞庭秋

其三
剗卻(さんきゃく)すれば君山(くんざん)の好(よ)しく
湘水を平鋪して流れしめん
巴陵(はりょう) 無限の酒
醉殺す洞庭の秋

現代語訳

君山を削り取って平らにすれば、
湘江の水も平らになって、ゆうゆうと流れることだろう。
巴陵には無限の酒がある。
洞庭の秋に、酔いしれよう。

語句

■君山 洞庭湖の中島。 ■洞庭 洞庭湖。長江流域。湖南省北東部の大きな淡水湖。 ■剗卻 削り取る。 ■湘水 洞庭湖から南に流れる大河・湘江。 ■平鋪 平らに敷きならす。 ■巴陵 洞庭湖の東北。湖南省岳陽地区。 ■醉殺 酔いつぶれる。

解説

李白が、刑部侍郎(法務省次官)の職にあった叔父の李嘩(りよう)を送別して、洞庭湖で遊んだ時の詩です。洞庭湖は湖南省にある大きな湖で長江流域にあります。古来数々の詩に詠まれています。

朗読:左大臣