蒙古来 頼山陽

蒙古来 頼山陽

筑海颶氣連天黑 
蔽海而來者何賊 
蒙古來 來自北 
東西次第期呑食 
嚇得趙家老寡婦 
持此來擬男兒國 
相模太郞膽如甕 
防海將士人各力 
蒙古來 吾不怖 
吾怖關東令如山 
直前斫賊不許顧 
倒吾檣 登虜艦 
擒虜將 吾軍喊 
可恨東風一驅附大濤
不使羶血盡膏日本刀 

蒙古来たる 頼山陽

筑海(ちくかい)の 颶氣(ぐき)  天に連なりて 黑く
海を蔽(おお)ひて 來る者は 何(いか)なる賊ぞ
蒙古 來(きた)る  北 自(よ)り 來たる
東西 次第に  呑食(どんしょく)を 期す
嚇(おど)し得たり趙家(ちょうか)の  老寡婦(ろうかふ)を
此(こ)れを持(じ)し 來りて擬(ぎ)す  男兒(だんじ)の國(くに)に
相模太郞(さがみたろう)  膽(たん) 甕(かめ)の如(ごと)く
防海(ぼうかい)の將士(しょうし)  人(ひと) 各ゝ(おのおの) 力(つと)む
蒙古 來(きた)る  吾(われ)は 怖(おそ)れず
吾は怖る  關東の 令(れい) 山の如きを
直(ただ)に 前(すす)み 賊を斫(き)り  顧(かへりみ)るを許さず
吾が檣(ほばしら)を倒し  虜艦(りょかん)に登り
虜將(りょしゅう)を擒(とら)へて  吾が軍 喊(さけ)ぶ
恨む可(べ)し  東風(とうふう) 一驅(いっく)して大濤(だいとう)に附(ふ)し
羶血(せんけつ)をして  盡(ことごと)く 日本刀に 膏(ちぬら)しめざるを

現代語訳

筑紫の海では台風が天まで続くように黒々としている。
海をおおって来る者は何者だろう。
蒙古が来た。北から来た。

蒙古は東西の国々を征服しようとして、

衰えた南宋を脅して、
南宋の軍隊を先陣にして、やってきて武器を構える。この男児の国に。

相模太郎・北条時宗は、キモが甕のように座っているし、
海を守る武士たちは皆それぞれ、奮戦した。

蒙古が来た。だが私は恐れない。
私が恐れるのは、鎌倉幕府の山のようにゆるぎない権威だけだ。

すぐに進撃して賊を斬り、振り返ることは許さない。
わがほうの船の帆柱を倒して、敵の船に登り、
敵将を捕らえてわが軍は叫ぶ。

残念なことは、台風がざっと吹いてきて大波がおこったため、
夷狄の血を十分に日本刀に吸わせられなかったことだ。

語句

■筑海 筑紫の海。 ■颶氣 つむじ風。台風。ここでは二度の蒙古襲来にあたって吹いたという台風を指す。 ■東西 世界各国。 ■期呑食 蒙古が(世界の国々を)征服しようとして。 ■嚇得 おどした結果。 ■趙家老寡婦 「趙家」は南宋の王朝。「趙」は南宋の皇帝の姓。「老寡婦」は年老いた婦人で、衰えた南宋をしめす。 ■持此 この南宋の軍勢をもって。元が征服した南宋の軍勢をもって日本を攻めさせたことをいう。 ■來擬 日本に襲撃してきて武器を構えた=戦をしかけた。 ■相模太郞 北条時宗。 ■膽 きも。 ■如甕 カメのように腹がすわっていること。 ■防海將士 海の守りをする武士たち。 ■關東令 鎌倉幕府の命令・権威。 ■如山 山のように大きくゆるぎないこと。 ■一驅 ざっと。 ■大濤 大波。 ■羶血 夷狄の血。

解説

北条時宗

鎌倉幕府 第8代執権。

蒙古襲来の時の執権としておなじみですね。

父は5代執権北条時頼。弘長3年(1563)父北条時頼が亡くなると、中継ぎの二人の執権(北条長時・北条政村)を経て、文永5年(1268)時宗が8代執権に就任しました。

時あたかも元から使者が届き、蒙古襲来の危機が高まっている中でした。

そして文永11年(1274)の文永の役・弘安4年(1281)の弘安の役。

二度の蒙古襲来にあたって時宗は御家人たちを指揮し、敵方の指揮系統の混乱ということもあって、元軍は撤退していきました。

……

北条時宗といえば、「国難を退けた英雄」というイメージがあります。しかし、実際にそうだったんでしょうか?時宗の生涯はわずか34年であり、英雄的活動の多くは蒙古襲来についてです。

しかし時宗がほんとうにどれくらい直接、蒙古撃退の指揮にあたったのか?ましてその時、時宗がどんな思いだったのかを示す鎌倉時代の史料は、ほとんどありません。

時宗に対する今日あるようなイメージはほとんどが江戸時代に作られたものです。

ことに国学者・本居宣長や水戸藩の『大日本史』が、時宗を絶賛しました。蒙古襲来において、時宗のはたらきは誠に立派であった。神風がふいて神もお助けになったのだと。

頼山陽は時宗の遺徳を詩にあらわしました。それがこの「蒙古来」です。

幕末。外国からの圧力の中にあって、尊王攘夷派の志士たちは、自分たちこそ幕末の北条時宗たらんと、息を荒げました。

明治時代。日清・日露の軍靴の音が高まる中で、いよいよ困難を退けた英雄としての時宗のイメージは強くなっていきます。福岡市の東公園に元弘記念碑を建てることが計画され、一時は時宗像の建設が考えられていました。結果として時宗ではなく亀山上皇の像が立てられました(亀山天皇は蒙古襲来の時の治天の君)。

勇ましい軍歌「元寇」が作られ、小学校唱歌として歌われもしたのです。

1.
四百余州(しひゃくよしゅう)をこぞる 十万余騎の敵
国難ここに見る 弘安四年夏の頃
なんぞ恐れんわれに 鎌倉男子(だんじ)あり
正義武断の名 一喝して世に示す

2.
多々良(たたら)浜辺(はまべ)の戎夷(えみし) そは何 蒙古勢
傲慢無礼もの 倶に天を戴かず
いでや進みて忠義に鍛へし我が腕(かいな)
ここぞ国のため 日本刀(にっぽんとう)を試しみん

以下略

昭和に入り全面戦争への足音が高まると、時宗への評価はいよいよ高まります。時宗は蒙古襲来という国難を救った英雄である。国難にあって、天から遣わされたのが北条時宗であり、東郷平八郎であった。

今日本は、蒙古襲来、日露戦争につぐ第三の国難、大東亜戦争に突入している。これを救うべき現在の北条時宗・東郷平八郎の出現を望むのである…こういう、今考えるとまことにバカバカしい論調でした。

このように「国難を退けた英雄」という時宗のイメージは、ほとんどが後世作られたものです。鎌倉時代の、同時代の人は時宗をどう評価していたか。ほとんどわかっていません。

その時代、その時代によって、歴史上の人物の評価やイメージも作り替えられるという好例だと思います。

朗読:左大臣