哀江頭 杜甫

哀江頭 杜甫

少陵野老呑聲哭
春日潛行曲江曲
江頭宮殿鎖千門
細柳新蒲為誰綠

憶昔霓旌下南苑
苑中萬物生顏色
昭陽殿裡第一人
同輦隨君侍君側
輦前才人帶弓箭
白馬嚼齧黄金勒
翻身向天仰射雲
一箭正墜雙飛翼

明眸皓齒今何在
血汚遊魂歸不得
清渭東流劍閣深
去住彼此無消息
人生有情涙沾臆
江水江花豈終極
黄昏胡騎塵滿城
欲往城南望城北

スポンサーリンク

江頭に哀しむ 杜甫
少陵の野老(やろう)聲(こえ)を呑んで哭(こく)し
春日潛行す曲江(きょくこう)の曲(くま)
江頭の宮殿千門を鎖(とざ)し
細柳(さいりゅう)新蒲(しんぽ) 誰が為にか綠なる

憶ふ昔 霓旌(げいせい)の南苑に下りしを
苑中の萬物 顏色を生ず
昭陽殿裡(しょうようでんり) 第一人
輦(れん)を同じうして君に隨い君側に侍す
輦前(れんぜん)の才人弓箭(きゅうせん)を帶(お)び
白馬嚼ケツ(しゃくけつ)す黄金の勒(くつわ)
身を翻して天に向い仰いで雲を射る
一箭 正に墜(おと)す雙飛翼(そうひよく)

明眸皓齒(めいぼうこうし)今何(いず)くにか在る
血汚(けつお)の遊魂(ゆうこん) 帰り得ず
清渭は東流し劍閣は深し
去住(きょじゅう)彼此(ひし)消息無し
人生情有り 涙臆(おく)を沾(うるお)す
江水江花 豈(あ)に終(つい)に極らんや
黄昏(こうこん)胡騎(こき)塵城(ちりしろ)に滿(み)つ
城南に往かんと欲して城北を望む

現代語訳

少陵のいなかおやじである私は声をしのんで泣き
春の日、曲江の湾曲したところを人目を忍んで歩いていく

江のほとりの宮殿はあらゆる門を閉ざしており
細い柳と蒲の新芽は誰のために緑に色づいているのだろうか。

思えば昔、虹色の天子の旗が曲江の南の芙蓉苑に行幸してきた時、
苑の中のあらゆる物は活き活きと輝いたものだ。

昭陽殿第一のお方(楊貴妃)は
帝王と同じ車で帝王に従い帝王のおそばに侍り
車の前の女官たちは弓矢を携えていた。

白馬は黄金づくりの鞍を噛み砕かんばかりの勢いであった。

身をひるがえして天に向かい仰いで雲を射る。
一本の矢がまさにつがいの鳥を落としたのだ。

あの美しい方は、今はどこにいらっしゃるのか。
血はさまよえる魂を汚して、帰ってくることができない。

清らかな渭水は東に向かって流れ劍閣は奥まった所にある。
去る者と留まる者。互いに消息が絶えた。
人生は多情だ。涙が胸をうるおす。

曲水の水と、ほとりに咲く花とは、尽きる事がない。
黄昏時。異民族の騎馬のたてる塵が城に満ちる。

私は長安の南に行こうとして思わず
(粛宗)皇帝の行在所のある北の方をながめてしまう。

語句

■哀江頭 「曲江のほとりで哀しむ」という意味の楽府体。 ■少陵 長安の南にある漢の宣帝の皇后の陵。杜甫の家があった。 ■野老 いなかおやじ。 ■潜行 人目をしのんで行く。 ■曲江 長安中心部より東南東数キロのところにある池の名。 ■曲 湾曲した部分。 ■新蒲 がまの新芽。 ■霓旌 虹色の旗。鳥の羽を五色に彩った。天子の行幸に際し掲げる。 ■南苑 曲江の南にあった庭園、芙蓉苑。 ■生顔色 活き活きと輝くこと。 ■昭陽殿裡第一人 「昭陽殿」は漢の成帝の寵姫趙飛燕のいた宮殿。趙飛燕をさすが、暗に楊貴妃をさす。 ■同輦 天子の輦(車)に同乗すること。 ■才人 天子にお仕えする女官。 ■弓箭1 弓と矢。 ■白馬 玄宗の愛馬・照夜白。 ■嚼ケツ(しゃくけつ) 噛み砕く。 ■雙飛翼 二羽ならんで飛んでいる鳥。玄宗と楊貴妃を暗示する。 ■明眸皓歯 明るい目と白い歯で美人の形容。 ■遊魂 さまよう魂。 ■清渭 清らかに澄んだ渭水。 ■東流 楊貴妃の魂が死んだ馬嵬から東へ流れて長安に戻ってくることを暗示。 ■劍閣 山の名。長安から四川の成都へ到る街道上の要衝。 ■去住 去る者。蜀に去った玄宗。 ■彼此 留まる者。馬嵬で死んだ楊貴妃。 ■臆 胸。 ■胡騎 賊軍の騎馬。 ■城南 長安の南。杜甫の家のあるところ。 ■忘南北 どちらが北か南かわからなくなる。 ■城北 粛宗のいた北方にある霊武。

解説

至徳2年(757年)杜甫46歳の作。安禄山の乱の最中、杜甫は捕えられ長安の幽閉されていました。幽閉といっても杜甫は下級の役人にすぎないので長安の中なら自由に出歩くことが許されていました。この時期に作られたのが有名な「春望」です。

長安東南の曲江を訪れた杜甫が、世の無常を思い心打たれているのです。かつて杜甫は楊貴妃の華やかさを「麗人行」という詩にあらわしました。それはわずか3年前のことなのに…。今や都には反乱軍が横行し、華やかだった王宮は荒れ果ててしまった。楊貴妃は殺され、玄宗皇帝はいまだ蜀の地にある。はるか北方では玄宗の子の粛宗が、反乱軍への反撃の機会をうかがっているのです。わずか3年の間に何もかもが変わってしまった。世の無常を実感して杜甫は涙にくれるのです。

白楽天の「長恨歌」と並び、玄宗皇帝と楊貴妃のことを歌った詩の双璧とされます。