秋 荊門を下る 李白

秋下荊門 李白
霜落荊門江樹空
布帆無恙挂秋風
此行不為鱸魚鱠
自愛名山入剡中

秋 荊門を下る 李白
霜は荊門に落ちて江樹(こうじゅ)空し
布帆(ふはん)恙無(つつがな)く秋風(しゅうふう)に掛く
此行(このこう)鱸魚(ろぎょ)の鱠(かい なます)の為ならず
自ら名山を愛して剡中(せんちゅう)に入る

荊門山

現代語訳

霜が荊門に降って、岸辺の木々はすっかり葉が落ちた。
布の帆は問題なく秋風の中にそびえている。
この旅は、たいへん美味だと伝えられる江南地方の鱸の刺身を求めての旅ではない。
名山を見てまわるために、剡中(浙江省?ジョウ県)に入っていくのだ。

スポンサーリンク

語句

■荊門 長江の南岸、宜都(湖北省枝城市)の西北にある山で、蜀と湖北・湖南地方との境目。 ■江樹 岸辺の木々 ■布帆 布を張った帆 ■恙無 「恙」は本来、心臓に寄生する虫。それが「無い」ことから、無事だ、問題無いの意。■鱠 なます。刺身。

解説

故郷の蜀を出発し、三峡を下った李白は、荊州に一年ほど滞在した後、長江下流域に出発します。荊門は長江の南岸、宜都(湖北省枝城市)の西北にある山で、蜀と湖北・湖南地方との境目です。

ここ荊門を超えると、いよいよ故郷から遠く離れて、本格的な旅が始まるのです。ここで李白は強い決意を語ります。

「この旅は、鱸の鱠を食べにいくような、物見遊山の旅ではない」湖北・湖南地方の鱸の鱠はたいへん美味しく、名物として知られていました。しかし、これはそんな浮ついた旅ではないのだ。俺の旅は、名高い寺を訪ねて勉強をしながら、会うべき人々と会う。そのための旅なのだと。

「鱸魚の鱠」という言葉には逸話があります。西晋の張翰という役人がいました。西晋時代は恐怖政治が渦巻き、身分ある人ほど危ない状況でした。張翰も保身のために故郷に帰りますが、その時「故郷の鱸の鱠が食べたくなったのだ」と言いました。ここから「鱸魚の鱠」といえば「保身をはかる」ことになり、李白は私の旅はそんな保身をはかるような旅ではないと、否定しているわけです。

朗読:左大臣

≫【漢詩】の朗読音声を無料ダウンロードする
杜甫「春望」や李白「早発白帝城」など、有名漢詩33篇の朗読音声・解説テキストを無料でダウンロードできます。
≫音声つき【古典・歴史】無料メールマガジンのご案内
日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。

スポンサーリンク