律詩とは?

こんにちは。左大臣光永です。7月も最後の一日となりました。
あなたにとってどんな一か月だったでしょうか。
そして新たな八月。その抱負のほどは、いかがでしょうか!

まずお知らせです。

当左大臣プロジェクトは
8月2日(土)~5日(火)まで、夏季休暇となります。
土曜日以降のご入金ぶんは、8/6(水)以降の
発送となりますのでご了承ください。

なお、休暇中もご注文は承っています。

さて発売中の商品
「中国語朗読つき 李白 詩と生涯」
http://sirdaizine.com/CD/Rihaku01.html
に関連して、前回から

「よくわかる漢詩の知識」と題してお話しています。

漢詩を読む・作る上での基本的な知識や
決まり事を、具体例を挙げながら楽しく
語っていく講座です。全5回の予定です。

本日は第二回。律詩の話です。

▼音声が再生されます▼
http://roudoku-data.sakura.ne.jp/mailvoice/KanshiSemi02.mp3

律詩とは?

律詩とは、八句(八行)からなる詩の形で、
一句が五文字からなるものを五言律詩、
一句が七文字からなるものを七言律詩
といいます。

六朝時代の斉・梁のころに起こり、はじめは
二十四句や二十句、十二句と長かったものが、
無駄な表現をはぶき、洗練されていくうちに
短くなり、七世紀の末に八句に固定されました。

律詩で一番有名なのは杜甫の「春望」でしょう。

杜甫「春望」

春望 杜甫

国破れて山河在り
城春にして草木深し
時に感じては花にも涙を濺ぎ
別れを恨んでは鳥にも心を驚かす
烽火三月に連なり
家書萬金に抵る
白頭掻かけば更に短く
渾べて簪に勝えざらんと欲す

(意味)
国都長安は破壊され、ただ山と河ばかりになってしまった。
春が来て城郭の内には草木がぼうぼうと生い茂っている。

この乱れた時代を思うと花を見ても涙が出てくる。
家族と別れた悲しみに、鳥の声を聞いても心が痛む。

戦乱は三月に入っても続き、家族からの頼りは
滅多に届かないため万金に値するほど尊く思える。

白髪頭をかくと心労のため髪が短くなっており、
冠をとめるカンザシが結べないほどだ。

律詩は二句一組を「(れん)」といい、
全四聯より構成されます。

第一句・第二句を首聯(しゅれん)、
第三句・第四句を顎聯(がんれん)、
第五句・第六句を頸聯(けいれん)、
第七句・第八句を尾聯(びれん)

といいます。

頭・顎(あご)・頸(くび)、尾っぽ。
体の部分になぞらえているわけです。

このうち、顎聯と頸聯は必ず対句にしないといけないという
規則があります。つまり真ん中の四句が対句になるわけです。

なにやらめんどくさいですね。

さきほどの杜甫の「春望」を例にすると、
↓↓↓↓こうなります↓↓↓↓

杜甫「春望」

律詩の規則は顎聯と頸聯を対句にすることです。
杜甫の「春望」の場合、顎聯は、

感時花濺涙
恨別鳥驚心

「感時」と「恨別」、「花」と「鳥」が
見事に対応し、対句になっています。

そして頸聯は…

烽火連三月
家書抵萬金

「烽火」と「家書」、「三月」と「萬金」が、
対句になっています。

杜甫がしっかりと律詩の規則を守って
詩を作っていることがわかりますね。

対句を中心とした形の美しさ。均整美。
これが律詩を鑑賞する時の一番のポイントです。
中でも杜甫は律詩の均整美を極限まで追求し、
完成させた人物です。

全対格(ぜんついかく)とは

律詩は顎聯と頸聯を対句にするという決まりがありますが、
さらに他の二聯まで対句にしても、別に構わないのです。

すると、四聯すべてが対句になります。、
このように四聯すべてを対句にした律詩を特に、
全対格(ぜんついかく)とよびます。

「全対格」の有名な例としては
杜甫が晩年の孤独を詠んだ「登高」があります。

内容も素晴らしいのですが、対句に注意して
読む時、その完成度に驚かされます。

杜甫「登高」

登高 杜甫
風急に天高くして 猿嘯哀し
渚清く 沙白くして 鳥飛び廻る
無辺の落木 蕭蕭として下り
不尽の長江 滾滾として来る
万里悲秋 常に客となり
百年多病 独り台に登る
艱難 苦(はなは)だ恨む 繁霜の鬢
潦倒(ろうとう) 新たに停む 濁酒の杯

(意味)
風は激しく吹き、天は抜けるように高く、猿の声が悲しげに響く。
渚は清らかで 砂は白く 鳥が飛び廻っている。

落ち葉は際限もなく悲しげに散り落ち
尽きることのない長江の流れはこんこんと迫ってくる。

故郷を去って万里、毎年秋を悲しい旅人の身で迎える。
体は長年、病を患っている。そんな身で独り、台に登るのだ。

長年の苦労で、恨めしいことに鬢の毛はすっかり白くなってしまった。
落ちぶれ果てたこの身に追い討ちをかけるように、
好きだった酒さえ 禁じられてしまった。

では二句ごとに…つまり聯ごとに区切ってみます。

杜甫「登高」

すべての聯が対句になっているのがわかります。
そう深く考えずとも、声に出したとき、
独特の気持ちよさがあると思います。その正体は、
対句の積み重ねから来る、リズムの良さなのです。

このように杜甫の律詩はさながら精巧な建築物のように
言葉に工夫がこらされています。ここまで対句を駆使するには、
よほど考えに考え抜いて書いたのでしょう。

反面、ほとばしる情熱といったものは薄れていますが、
そもそも律詩とは絶句と違い、
言葉の均整美や完成度を鑑賞するものです。
特に対句に注意して、鑑賞してみてください。

次回は「平仄」についてお話します。
お楽しみに。

というわけで、

発売中です。

李白の有名な詩28篇を選び、日本語と中国語で朗読し、
現代語訳と解説を加えました。
中国語による抑揚のきいた朗読はとくにおすすめです。
無料のサンプル音声を公開中です。ぜひ聴きにいらしてください。
http://sirdaizine.com/CD/Rihaku01.html

本日も左大臣光永がお話しました。ありがとうございます。